確定拠出年金 企業型について【企業型DC】

資産運用
この記事は約5分で読めます。

こんばんは、吉田です。
みなさん、資産運用していますか??

最近のニュースですと、年金が約8兆円の損失だと取り上げられていました。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
年金<br>おじさん
年金
おじさん

8兆円の損失!?
年金はどうなるんだ!!!

といった批判的な声が聞こえてきますが、
実は運用を始めた2001年度から2019年度(-8兆円)を含めた際の運用益が

+57.5兆円(+2.58%)となっています。

リーマンショックとコロナを含めた上でのこの金額です。
余談ですがこの金額の約6割(37兆円)は配当金(インカムゲイン)で収益を出しています。

何が言いたいかというと、きちんと金融知識がないとマスコミや怪しい人に、
そそのかされて不安になったり、詐欺まがいの商品に手を出したりとメンタル面や
金額面ですごいネガティブ
になってしまいます。

そんな事にならないよう金融知識を身に着け、
余計な不安や騙されないようにしましょう!

吉田
吉田

私もまだまだ知識が少ないので、
一緒に頑張って学んでいきましょー!

確定拠出年金とは?

確定拠出年金とは、簡単に言うと個人で積み立てる年金です。
年金には大きく分けて公的年金私的年金があります。

公的年金は「国民年金」+「国民年金基金」or 「厚生年金」
公的年金は、国が運用している年金で、基本的に加入義務が発生します。

国民年金基金:自営業や個人事業主

厚生年金:会社員や公務員

私的年金は「確定拠出年金」になります。
私的年金は、公的年金とは別に任意で加入できる年金です。

確定拠出年金をもう少し詳しく書くと、
企業や加入者が掛け金を拠出し、加入者が自ら資産を運用し、運用の成果で襲来の年金受給額が決まる制度です。

年金の受給額について
公的年金:原則65歳から

私的年金:原則60歳から

個人型?企業型?

個人型確定拠出年金

個人型確定拠出年金は、加入者が自身の裁量で、
年金資産の拠出・運用をしていきます。

掛け金は全額控除対象となり、所得税と住民税が軽減されます。

個人型拠出年金はiDeCoと呼ばれることが多いです。

iDeCoは証券会社で開設し、
証券会社によって運用商品の種類が決められています。

企業型確定拠出年金

企業型確定拠出年金は、企業があらかじめ決めた掛け金を拠出し、加入者が年金資産の
運用をしていきます。
退職金制度の代用として使われることが多いです。

また企業によっては、企業があらかじめ決めた掛け金に加え、加入者も掛け金を上乗せ
して拠出できることがあります。それを「マッチング拠出」と言われています。

マッチング拠出を行う場合、加入者が上乗せした掛け金は、個人型確定拠出年金と
同じように、掛け金は控除対象となり所得税と住民税が軽減されます。

下記のサイトでどのぐらい減税されるか確認することが出来ます。

ろうきん 「マッチング拠出の節税効果」確認シミュレーター

企業型確定拠出年金は、企業DCと呼ばれることがあります。

企業型DCは会社が開設し、
運用商品の種類がiDeCoよりも少ないケースが多いです。

ぴえん野郎
ぴえん野郎

iDeCoと企業DCについて、なんとなくわかったんだけど、
これら2つって併用できるの??

吉田
吉田

会社の規約でiDeCoの利用を認めていたらできるよ!
マッチング拠出の場合は、残念ながらiDeCoとの併用はできないね。

私の確定拠出年金

続いては、私が加入している確定拠出年金について見ていきます。

2020年7月現在の前提
  • MUFG・損保ジャパン日本興亜DC総合型プランを利用
  • 企業型DCでマッチング拠出を採用
  • 毎月の掛金は5000円
  • 2015年4月から加入
商品名構成比取得金額時価評価額評価損益
評価損益率
信託報酬
三菱UFJ外国株式インデックス36%25万6,221円21万7,144円3万9,077円
(17.9%)
0.8532%
三菱UFJ225(DC)36%25万4,021円21万7,146円3万6,875円
(16.9%)
0.54%
ダイワ日本債券インデックス28%19万5,222円19万5,619円▲397円
(▲0.3%)
0.486%
三菱UFJ海外債券オープン0%3,024円3000円24円
(0.8%)
1.08%

年金資産評価額:70万8,488円
拠出金累計:62万414円
全体の評価損益:+8万8,074円
運用利回り:+4.89%

6月に三菱UFJ海外債券オープンからダイワ日本債券インデックスに
スイッチングしました。(信託報酬が高かったので。。)

また、配分比率も今回変更しました。

三菱UFJ外国株式インデックス → 35%から45%
三菱UFJ225(DC) → 35%から変更なし
ダイワ日本債券インデックス → 30%から25%

外国株式を多めに債券を少なめにしました。
株式のほうが債券よりリターンが高いためです。

そして総合型プランで選択できる商品すべて
信託報酬が高かったのでびっくりしました。。
商品の組入ができるか確認したのですが、回答は出来ないとのことでした。残念。。

信託報酬とは運用手数料です。
信託報酬の目安として0.5%以下のものを選んだほうが良いです。
有名かつ人気で利益もきちんと出してる会社で約0.3% ~ 0.1%だったりします。

まとめ

今回は、確定拠出年金についての解説と、私自身が加入している企業型DCの
ポートフォリオを公開しました。

確定拠出年金のまとめ
  • 年金には公的年金私的年金がある
  • 公的年金は国が、私的年金は企業もしくは個人で拠出・運用をする
  • 私的年金はいわゆる確定拠出年金と言われている
  • 確定拠出年金の受給額は原則60歳から
  • 確定拠出年金には企業型個人型がある
  • 個人型はiDeCoと呼ばれており、拠出した金額全てが控除になる(節税)
  • 企業型は企業型DCと呼ばれ、企業が全て拠出するもの、企業と加入者がそれぞれ拠出するもの(マッチング拠出)がある
  • マッチング拠出の場合は、入者が拠出している金額全てが控除になる(節税)

将来何が起こるかわかりません。老後の生活費を確保するためには、今から動いたほうが良いです。公的年金だけでは既に足りないとも言われています。

自分自身が老後にいくら必要なのかを考え、きちんと資産形成をしないといけません。
今回これを機に自身の資産形成を検討してはいかがでしょうか。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました